■英文法・分詞の質問と回答

There is 〜 + 分詞

るんるん 携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。
あなたの疑問解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

Q:めんさん

こんにちは!

文法のことで質問です。

I have lived about as solitary a life as a modern man can have.

という文なのですが、solitary a life の aの入る位置がどうしてここなんでしょうか。

ちなみに辞書の例文にはlead a solitary life で載っていました。

 ↓
 ↓
 ↓

A:5さん

もちろん、通常は、a solitary life (孤独な生活) という語順ですが、
副詞 as で solitary を修飾する場合は、
as solitary a life という語順で使います。

このことは、他にも so, too, how で起こります。


RE:めんさん

ありがとうございます。
辞書で例文も探してみましたが、語順は5さんの
教えてくださったようになっていました。


A:ラーメン(´ー`)さん


副詞が修飾するものの一つには、形容詞があります。(名詞は修飾しない)

そして今回の場合は、副詞(as)が修飾する形容詞を引きつけて、aから抜け出しasとくっついたと言うわけです。

因みに、「such+a+形容詞+名詞」と、「so+形容詞+a+名詞」のような文法があったと思いますが、これの場合も同じ理由からです。

この場合、suchは形容詞として働くので、後ろに名詞句、soは副詞として働くので、後ろに形容詞がきています。

分かっているとは思いますが、「a+形+名」で一つの名詞のように捉えています(名詞句)。


ああ、この場合は比較の分野ですね。

as asの中は形容詞+名詞のパターンのほうでしたねf^_^;


RE:めんさん

ラーメン(´ー`) さん、ありがとうございます!
詳しく説明していただき、わかりやすいです!

文法は苦手でこれからもたびたび質問をすると思うので、またそのときはよろしくお願いします!





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング



タグキーワード
分詞の働きカテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分詞が修飾するもの

るんるん 携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。
あなたの疑問解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

Q:takeさん

質問です。

「The children were well-behaved, all of them standing in line, two-by-two behind their parents,holding hands.」
の「standing」と「holding」はどういう働きをしているのですか?

後、「Dishes range from hot to mild, often using coconut milk.」の「using」はどういう働きをしているのですか?
よろしくお願いします。

 ↓
 ↓
 ↓

A:オッハー(管理人)

takeさん、質問どうもです!

The children were well-behaved, all of them standing in line, two-by-two behind their parents,holding hands.

の「standing」と「holding」はどういう働きをしているのかということですが、分詞構文で付帯状況を表しています。

付帯状況とは、「同時に起こっていること」を表現するものです。


「子供たちは行儀良く、全員が手をつないで、両親の後ろに二人ずつ並んで立っていた」となります。


次に Dishes range from hot to mild, often using coconut milk. の using ですが、これも分詞構文です。

「料理は辛いものからまろやかなものまで様々で、多くはココナッツミルクを使っています」


しかしこちらの文では、料理がココナツミルクを使うわけではなく、人がココナツミルクを使うので、前後の主語が一致していません。

これは、懸垂分詞と呼ばれ、ずさんな語法として避けるべきだとされています。

しかし、文学作品などでも、文の調子をきびきびした簡潔なものにするために用いられることもあるということです。




英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング



タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お詫び

コメントで、英文法の質問などを受け付けていましたが、
無関係なスパムのコメント、トラックバックが
余りにもしつこいので、コメント、トラックバックの
受付を停止いたしました。

非常に残念なことですが、ご了承いただきますよう
お願いします。

オッハー(管理人)





1日1問、英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
毎日解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分詞の後置修飾

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:
始めましてです。明日テストがあるのでなるべく早めに知りたいです。
A portion of the money raised will go to the school library.
この文でraisedは単独で修飾するので、moneyの前に来るはずではないんですか?
学校のテキストなので答えが間違っているとは考え難いですし、手持ちの文法書にも載っていません。この疑問の解決をお願いします。。

 ↓
 ↓
 ↓


A:
明日テストですか…大変ですね。

一語の形容詞が後置の場合、その状態が継続されている、もしくは将来その状態になることを示唆してます。
この場合、money raisedとraised moneyの違いは、前者は、「集められている、もしくは集められる」お金を指し、後者は「もう集められた、集まった」お金を指します。
問題文の動詞がwill go to〜になってることから間違いないと思います。
有名な例として、used carは中古車を意味し、 car usedはこれから使われる車、もしくは今使われている車を意味します。ただ中には前置と後置で意味が一緒なのもあります。

 ↓
 ↓
 ↓

A:
「調達された(集められた)お金」を raised を使って表そうとすると,理屈からしたら,

1) the RAISED money

となるはずです。過去分詞1語が名詞を修飾する場合,名詞の前に置け,と習うのですから,そう考えるのが当然です。ところが実際は,

2) the money RAISED

となっている。

なぜこのようなことになるのか。

以下,その回答のコメントですが,参考にしたのは,『英語構文ニュアンス事典』(北星堂)p.272 etc. です。

--

これは分詞に限らず形容詞一般に言えることなのですが,分詞が名詞の前・後,どちらにも置ける場合,その位置によって意味が異なる「傾向」があります。例外が多々あるのでやっかいですが,次のような違いがあることがよく言われています。

前から修飾  → 恒久的
後ろから修飾 → 一時的

これだけだと何のことかわからないと思いますので,上掲の『英語構文ニュアンス事典』から実際の例を挙げて説明します:

3) a USED car →中古車
4) a car USED →使用中の車

3) の "a used car" は,一度使用され,新車でなくなった時から,過去・現在・未来にわたって,「ずっと」中古車と呼ばれている車のことです。中古車と分類される車,と考えてもよいでしょう。

これに対して,4) の "a car used" は,その時に「たまたま」使われている車のことを表します。

「中古車」は新車でなくなった時点から廃車になるまでずっと「中古車」であり,「使用中の車」はその場限りの「ある状態にある車」のことを言っています。これが「恒久的」「一時的」ということです。

このことをふまえて,「調達された(集められた)お金」がどう表されるべきかを考えてみると,

そのようなお金は「調達金」といった名前がつけられ(分類され),そのままの形でずっと存在し続けるようなものではなく,ある目的のために暫定的にそこにあるようなもので,しばらくすると使われてなくなってしまうようなもの,と見るのが自然です。(要するに一時的。)

このことが 1) ではなく,2) の "the money RAISED" が用いられる理由だと思われます。

 ↓
 ↓
 ↓

RE:
詳しい解説ありがとうございます。無事テストも終わり、何とか平均点以上は取れました。

ありがとうございました。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

open か opened か?

ペン 携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

Q:
弟が受験生です。
センター試験問題なんてとうの昔にといてから久々に目にしましたが・・・。もう感覚でといていたので弟に質問されてもよい返答ができませんでした。手助けお願いします(๑→ܫ←๑)

問題:
This restaurant is hot and humid even with all the doors and windows______.

@ are open
A open
B opened
C opening

答えはA番なんですが、弟に『俺は三番に丸をつけたんよね。付帯状況のwithやろ?説明されてもなんで3番で意味が通じないのか教えて欲しい』

と言われました。Don't speak with your mouth full.
の例題を出して後ろに形容詞がくることがあるとも言ったのですが・・・自分でも腑に落ちないのでなぜ?B番じゃいけないのか、という説明の手助けお願いします(๑→ܫ←๑)



 ↓
 ↓
 ↓

A:
kentaさん回答
openには形容詞の意味があるからだとおもうよ。
問題は最も適しているものでしょ?

 ↓

A:
オッハー回答
この場合 open は形容詞で「状態」を表しているのです。
また付帯状況の with はその後に前置詞の目的語(O)と補語(C)をとり、その O と C の間には主語と述語の関係があります。「ドアを開けたままで」という状態を表したいときは with the door open にします。
この場合、The door is open.の関係が成立します。
次に with the door opened ですが、この場合、The door is opened. が成立します。
これは状態というよりは、一瞬の動作を表します。この能動態は、They open the door.です。「店の人がドアを開ける」ときでさえ、レストランが蒸し暑いというのは、感覚的に変です。
「ドアが開いている」状態でもレストランは蒸し暑いと考えた方がいいでしょう。
だから open がより良いということです。


 ↓
A:
英語語法大事典 第3集
』の p.769 を見ると,

○ with his mouth open
× with his mouth openED

ということで,openED の形は語法的に認められていないみたいです。opened も可能だが open の方が「よりよい」ということでもないようです。理由については何も書いてありません。(あればなんらかの説明があって然るべきです。もしかすると,このあたりのことは,まだよくわかっていないのかも知れません。)

ですから,「with ... openED」は,これで意味が十分に通じるとしても,試験で正しい表現かどうかと問われたら,「誤り」とすべきでしょう。

理屈からすると,with one's eyes closed(目を閉じて)とか,with one's arms folded(腕を組んで)といった表現にならい,過去分詞を「状態を表す形容詞」のように用いても,なんら問題なさそうに思えます。しかし,現実問題としては,過去分詞がどんな場合でも使える,ということではなさそうです。

おそらく,「口にものをいっぱいほおばって」というフレーズも,filled を使って * with one's mouth filled とはできず,with one's mouth full としなければいけない,ということになるのではないかと思われます。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング







| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現在分詞か過去分詞か?

るんるん 携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

Q
分詞について質問させて頂きます。

We have many cables that run to the server (  ) our network.
この文で、カッコにはlinking か to link が入ると某TOEIC文法書にありました。

私はour network が the serverにリンクされてるんだから、過去分詞のlinked だと思いましたが違いました。
our network にリンクしてる the serverと考えるべきなんでしょうか?
なぜlinked はダメなのか・・。

 ↓
 ↓
 ↓

A
(  )の後に network という目的語があります。
この時点で、linking とするのが普通です。

次の文を考えてください。
A boy writes a letter.
「少年は手紙を書く」
a boy writing a letter
「手紙を書いている少年」
a letter という目的語が writing の後に来ています。

a letter written by a boy
「少年によって書かれた手紙」
written の後に目的語は来ないでしょう。
当然です。目的語であった a letter が前に出て行ったからです。

質問文も同様に考えてください。
The server links our network.
「サーバーはネットワークをつないでいる」
the server linking our network
「ネットワークをつないでいるサーバー」です。
our network linked by the server
「サーバーによってつながれたネットワーク」です。




英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング





| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

be gone と have gone の違いって?

るんるん 携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

Q
こんにちは。いつも参考にしながら勉強をさせていただいております。
勉強をしていてどうしても分からないことがあります。
すごい単純な文ですが、どうしてもこれらの違いが分かりません。。。

My father is gone.

My father has gone.

この2つの文です。どの文も、「父は行ってしまった」ですよね?
どちらを使えばいいのかわかりません。
よろしくお願いします。

 ↓
 ↓
 ↓

A
結論からすると、どちらでもいいです。
過去分詞には、「〜された」という受動態の意味と、「〜してしまった」という完了の意味の二つがあります。

そして、自動詞(目的語を取らない動詞)の過去分詞は「〜してしまった」という意味になります。
go は自動詞です。

ちなみに、自動詞の過去分詞は → 「〜してしまった」
他動詞の過去分詞は → 「〜された、〜してしまった」

さて、質問文にもどります。
My father is gone.
私の父は、存在している、行ってしまった状態で。
be動詞は、存在を表します。

My father has gone.
私の父は、持っている、行ってしまった状態を。
has は、持っているという意味です。

これぐらいの違いです。
be動詞の方が、状態を表す気持ちが強く、has の方が「行く」という気持ちが強いと言えるようです。
でもほとんど違いはないです。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ■英文法・分詞の質問と回答 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。